So-net無料ブログ作成

ブローディフューザー規制だそうです。 [モータースポーツ]

FIAは、ブロウン・ディフューザーを規制し、スロットルがオフの状態で排気ガスをディフューザーに吹き付けることを禁止したと報じられている。

・・・

いくつかのチームは、ブレーキング時にも排気ガスの流れを100%維持することで空力的な利益を得てきたが、今後はスロットル入力の最大値の10%以上は許可されないという。

だそうです。

「ブレーキング時にも排気ガスの流れを100%維持」ってブレーキング時にも18000rpm近く回していたって事なんですかね?
なんか去年のベッテルのエンジンがやたら壊れた理由がわかったような気がする・・・


ブレーキング時もエンジン全開じゃエンジンブレーキは使えないですね。
ってかトルクはどうやって逃がしていたんだろう?
レーシングクラッチで半クラって訳ないだろうし・・・?
ギアをニュートラルに入れる?
その分リアのブレーキを強化して対応する?
ブレーキに負担かかりそうだなぁ・・・
去年のベッテルのブレーキがやたら壊れた理由がわかったような気がする。(笑)


やっぱり今年のベッテルが速すぎるからこういう話が出てきたんですかねぇ。
フェラーリ辺りが政治力を発揮したのかな?
「技術で勝てないなら政治力で」って欧米人の常套手段ですものねぇ。

nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

footprint 13

コメント 2

masakazoo

私、昔ヨンフォア乗ってて
こいつがおバカさんで、よくエンジンが不調になって
アイドリング高めにしたりしてたので、このことはわかっていて去年のイタリアGPにも書きました(エンジンブレーキ利かないなんてもんじゃない)。

一番最初にやってダウンフォース増加に効果があるのを潰す。
まさしく、レッドブル対策です。
by masakazoo (2011-05-21 06:56) 

marbee

masakazooさん。ご訪問&nice&コメントありがとうございます。

ヨンフォアって歳がバレますよ。(笑)

ブローディフューザー対策には反対なチームも多いみたいですね。
http://f1-gate.com/fia/f1_11749.html
マクラーレンとかロータス・ルノーとか確実にアドバンテージを得ていますものね。
レッドブルを潰したいんだったら去年の内にやっておかないと駄目だったのかもしれないですね。
by marbee (2011-05-21 16:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます